男性

やる気スイッチに通うと勉強が楽しくなる|苦手を克服

目的による教師選び

勉強する学生

中学教育の指導の教師候補

中学生に家庭教師をつけるときには目的に応じた選び方をすることが大切です。中学教育の指導を求める際には授業のフォローアップか受験指導が目的となるでしょう。そのどちらを選ぶかによって適している教師候補があることには注意が必要です。授業のフォローアップが目的となっている場合には、通っている中学校の出身の家庭教師を選ぶと適切なフォローアップを期待できます。特に若い人を選ぶと同じ先生からの指導を受けていることも多くて効果的です。一方で受験指導を家庭教師に期待する場合には、志望校の出身者を選ぶのが得策であり、ベテランの方が功を奏する可能性が高いでしょう。中学生の家庭教師を探す際にはこのような視点を持つとより適切な指導を受けさせることができます。

教師候補と指導経験

中学生の家庭教師を選ぶ際には中学生の指導経験があるかどうかを重要視することが大切です。家庭教師の担い手は大学生から社会人まで幅広いものの、子どもとのつきあい方に優れているかどうかが中学生にとっては重要な点になります。高校生や大学生に比べると勉強することに対するやる気が足りていないことが多く、中学生に勉強のモチベーションをうまく持たせられる家庭教師を選ぶことが成功につながります。中学生の指導経験があって、それでも家庭教師を続けようとしている人は中学生とのつきあい方をよく理解していると期待できます。勉強を自分でできるようになるにはモチベーションが欠かせないものであり、モチベーションを生み出せる家庭教師を探すために役立つのが経験なのです。